「コクあり・アッサリ・くさみなし」が特徴の熊本ラーメン、東京で味わってみませんか?

2017年 9月 10日 日曜日 未分類

熊本ラーメンは、福岡県発祥のとんこつラーメンが熊本県に入り変化していった、熊本県独自のラーメンなんです。

どんなラーメンかというと・・・豚頭骨、場合によっては鶏ガラなどもあわせてとったスープに、揚げニンニクスライスやマー油を入れるのが特徴。この揚げニンニクやマー油によって、アクが強いとんこつスープが、マイルドになってあっさり味わえるようになっています。

具は、味付け玉子、チャーシュー、わけぎ、モヤシ、のりなどが入っているのがスタンダードな熊本ラーメン。場合によってはキャベツや高菜、角煮などを入れる場合もあります。

以前は、東京で食べられる熊本ラーメンのお店はあまり多くなかったのですが、現在では数が増えてきています。そんなお店のひとつであり、東京の西荻窪・北口で営業しているのが、当店「熊本ラーメンひごもんず」です。

「ひごもんず」では、本場の熊本ラーメンの味を、熊本県出身のオーナーが忠実に再現しています。濃厚なスープは、コクあり・アッサリ・くさみなし。このスープによく絡む、低加水のストレート麺を合わせた熊本ラーメンをご提供しています。

また、「ひごもんず」では、同じく西荻窪に店舗を構える「三ツ矢酒店」がおすすめしている全国の地酒もお召し上がりいただけます。ラーメンを食べる前に、焼売や豚ポンなどちょっとしたおつまみを召し上がりながら、美味しい地酒を楽しんでいただくこともできるんです。

「熊本ラーメンを食べてみたい!」というかたは、ぜひ一度、西荻窪・北口の「ひごもんず」に足をお運びください。「コクあり・あっさり・くさみなし」という熊本ラーメンの魅力を堪能していただけると思います。店員一同、心よりご来店お待ち申し上げております。