熊本ラーメンの特徴とは・・・東京で食べるなら西荻窪「ひごもんず」はいかが?

2017年 9月 11日 月曜日 未分類

熊本ラーメンをお召し上がりになったことはありますか? まずは、熊本ラーメンがどんなラーメンなのか、その特徴をご説明します。

九州のラーメンというと、とんこつ味を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。熊本ラーメンのスープも、豚頭骨や鶏ガラでとった「とんこつスープ」がベースです。熊本ラーメンは、そこに揚げニンニクやマー油(ニンニクを揚げた油)をプラス。これによって、こってりしたとんこつスープが食べやすく、マイルドな口当たりになります。このアッサリ食べられるとんこつスープが、熊本ラーメンの最大の特徴です。

ですから熊本ラーメンなら「とんこつスープはクセがちょっと気になって・・・」というかたや、脂っこいラーメンの口当たりを敬遠している方にも、さっぱりと美味しくお召し上がりいただけるんです。

東京・西荻窪にある「ひごもんず」は熊本ラーメンのお店です。「ひごもんず」では、豚頭骨を24時間かけて炊き上げた、本格的なとんこつスープをベースにしています。このスープに揚げニンニクやマー油を入れ、細めのストレート麺を硬めに茹で上げて合わせた「本流熊本ラーメン」がメニューの中心。オーナーが子どもの頃から馴染んだ熊本の味を再現しているんです。

具は、チャーシュー、わけぎ、のり、メンマなど。さらにキャベツ、ルータン(味付け玉子)、角煮、キャベツ、もやし、高菜など、プラスしていただけるトッピングも、いろいろご用意しています。

「ひごもんず」は、総武中央線の西荻窪北口から徒歩1分、駅近のお店です。ぜひ当店自慢の本流熊本ラーメンを一度召し上がりにいらっしゃってくださいね!