ラーメンの知識を深めて、ラーメンを美味しく食べよう!

2017年 10月 1日 日曜日 未分類

ラーメンはもともと中国の料理ですが、日本に伝わったのは、大正時代と実は最近。歴史は少し浅いかもしれませんが、今では日本全国でいろいろな味のラーメン店が軒を連ねており、日本の食文化では欠かせない料理となっています。ラーメンという名前、すでに聞きなれてしまった名前ですが、ラーメンという名前の由来はどこからきたかご存知ですか?

実は、ラーメンの名前の由来は、はっきりしていません。諸説が複数あるので、その一部をご紹介します。

1つ目の諸説は、中国語で、手で伸ばして麺を作る製法をラーミェンと言います。その名前が、日本で少し鈍ってしまいラーメンと呼ばれるようになった説。

2つ目の諸説は、中国語で、そばという言葉を意味するラオシェンが、日本で変化してラーメンと呼ばれるようになった説。

3つ目の諸説は、大正時代にあった、そば屋さんのお店の名前がラオミン、と言い、その後ラーメンと呼ばれるようになった説。

4つ目の諸説は、大正時代にあったとあるそば屋さんで、中国人のコックが働いており、その中国人がラー!ラー!と返事をしていたので、コックが作っていたヌードル料理をラーメンと呼ばれるようになった説。

5つ目の諸説は、大正時代にあったとあるそば屋さんで、中国人の店主がハオラー!できましたよ!という意味で返事をしていたのが鈍って、ラーメンと呼ばれるようになった説。

中には、本当かな?と思える内容のものもありますが、面白い諸説含め、いろんな由来があります。ラーメンの雑学を学んで、ラーメン屋さんに行った際にはそのネタを店主に話してみると盛り上がるかもしれませんね。当店「ひごもんず」でも、そういったラーメンネタは大歓迎、ぜひ、いろんなラーメントリビアネタを持って、当店の美味しい熊本ラーメンを食べにきてください。