中華そばとラーメンの違いって何?知識をつけて美味しいラーメンを食べに行こう

2017年 10月 3日 火曜日 未分類

いろいろな麺や味の種類があり、日本食文化に欠かせない料理となったラーメン。ラーメンの種類として、中華そばとラーメン、という両方の言葉を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、実は、この中華そばとラーメンの違いはないのです。

大正時代、日本では大衆食堂と言われるものと、蕎麦屋が一般的に言う外食のメインでした。しかし、中国から中国料理が伝わり、黄色い麺をした中華そばが料理として人気になり、流行り始めました。その頃は、蕎麦より人気が高かったため、「そば」というと中華そばをイメージする人が多かったと言います。そのため、区別をつけるために、普通の蕎麦は日本蕎麦と呼ぶ風潮もあったようですが、蕎麦屋自身は「日本蕎麦」と呼ばなかったため、中国料理屋の方が「中華そば」と呼ぶようになり、今もその名残が残っていると言います。

その後、チキンラーメンの商品が出回り、商品が人気になったために中華そばよりラーメンという名前が一般的になり、現在は中華そばという名前が宙に浮いた状態で残ってしまいました。大衆食堂などでは中華そば、という名前でメニューを書いているところもあるそうです。

中には、醤油ベースのあっさりした味のものを中華そばと言う!という人もいますが、現時点では、麺の種類や味の違いなどで区別はついておらず、両方違いはない、という説が多いのです。ラーメンネタの雑学はたくさんありますが、意外と知らないことが多いのではないでしょうか?ラーメンの雑学を学んで、ラーメン屋さんに行った際には店主に話してみると盛り上がるかもしれません。当店「ひごもんず」でも、そういったラーメンネタは大歓迎、ぜひ、いろんなラーメントリビアネタを持って、当店の美味しい熊本ラーメンを食べにきてください。